--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

12.22

きっかけは

前回の書き込み……あの日から一ヶ月経つんですね。

毎日、片山さんの出演作品を見て元気を出してから出かけるのが日課で、
この地球のどこかで元気でいらっしゃるんだなぁ…
ファンです!って直接御本人に伝えてみたいなぁ…
などと思いながらこの3年間過ごしてきました。



そういえば、片山明彦さんのファンになったきっかけを書くの忘れてました。

古い映画が好きで、「われ幻の魚を見たり」という映画をぼんやりと見ていたときのこと、そこに出演していた若い男優に釘付けになりました。

ど田舎に住む超貧乏な一家がマスの養殖に生涯を捧げるという伝記映画なんですが、長男役の人が田舎者にも見えず、貧乏人にも見えず、どう見ても都会のお坊ちゃま。
しかも、大正時代が舞台の1950年に作られた作品なのに、その人はどう見ても昔の人に見えない。
80年代~90年代からタイムスリップしてきた人みたい。
分かりやすく言うなら、キムタクが大正時代の映画に出てるような違和感。

「せっかくだから名前だけでも覚えておこう。ん~……片山明彦?…知らないなぁ」

昭和の映画や女優さんが好きで、そういった類の本とかも何冊か持っていたのに、まったく載ってませんでした。 
ネットで調べても当時はウィキペディアにもどこにも詳細は載ってない。
なのでてっきり無名の俳優さんかと…


「この人にファンはいたのかしら?いたらお目にかかってお友達になりたいわ」
などと大変失礼なことを思っておりました。
同時に「よっしゃ!この人の出演作品を可能な限り全部見てやる!」
…となぜかそんな無茶な計画を思い立ちます。


2ヶ月ほど経ったある日「幕末」という映画を見ていたら、名前発見!
しかし、冒頭で惨殺されるという悲しい出演のしかたにショックを受けたのです。
ショックすぎて、せっかく録画していたのに削除してしまったほど。
その直後、大河ドラマ「源義経」の再放送でも発見して嬉しかった。

そのときは偶然にも明彦さん作品ラッシュのときで、1ヶ月に地上波含め8作品も放送されたという大変珍しい時期でした。
普段は月に1作品でもあればラッキーで、その中に名作「風の又三郎」もありました。
「この人子供の頃はこんなにかわいかったんだ」とビックリでした。 

そんな明彦さん祭りのなか、「伊豆の踊子」という美空ひばりさん主演の作品を、ちょうど遊びに来ていた母と一緒に見てました。
「へぇ~この人超美形じゃないか!何で気づかなかったんだろう?」
きっと無意識に美男子センサー?が作動したから気になったんだきっと
…と思ってました。 母があのことを言うまでは。


長くなるので、続きは又次回に。

スポンサーサイト

島耕二・片山明彦トラックバック(0)  コメント(0) 

    2014

11.22

片山明彦さん…

最近忙しくて、先ほど久しぶりにネットを見ていたら、
大好きな片山明彦さんが亡くなられたと知りました。

先日、絶対見ることができないと思っていた
「人生読本 花嫁の性典」を見ることができて喜んでいたところだったのに…

でも、88歳、長生きされました。
私がファンになった3年前は、もうすでにこの世にいない人だと思っていたので、そのときはネットで調べて、お元気だと知り嬉しく思ったものです。


ここしばらくはとても忙しいので、ブログの更新はできませんが、
このブログのカテゴリにあるように、大好きな島監督と片山明彦さん親子の記事を必ず書きたいと思っています。


片山さんは昭和初期に天才子役と言われた
こんな感じの俳優さんです。

katayamaakihiko05.jpg  katayamaakihiko.jpg
katayamaakihiko03.jpg  katayamaakihiko02.jpg


心よりお悔やみ申し上げます。

島耕二・片山明彦トラックバック(0)  コメント(0) 

    2013

11.28

youtubeに その2

Youtubeに井浦くんの動画が増えたと
ブログを見ていらっしゃる方からの御報告がありました。

「1986オメガトライブ ファーストコンサート」
(35分あたりで登場「春のOne-way Ticket」を歌ってます)

デビュー曲のTVスポット
 
の2つです。

教えてくださった方ありがとうございます!


スポットと言えば、Youtubeでずいぶん前に「春のモーニング・トレイン」のを見ました。
貴重な学ラン姿だったんですよ。(堀越の制服や映画ではいつもブレザーでしたからね)
すぐ消されちゃったけど、どこかに保管してあるはずなので、探してる最中です。



【2013年12月22日追記】
スポットのほうは削除されてしまったようです…


井浦秀知(井浦秀智)トラックバック(0)  コメント(0) 

    2013

08.29

映画「麗春花」

ずっと見たかった映画「麗春花」を見ました。
あの時代の女性の言葉遣いっていいなぁ。


ストーリーは思ったよりドロドロな展開でビックリ。
最初に出てくる黄色いバラの花言葉(不貞、嫉妬)と
赤いバラの花言葉(熱烈な恋、貞節)が
この作品のキーワードなんですね。
でも、ラストシーンはほのぼのしてて良かった。

島崎雪子さん演じる娘がファザコン過ぎて、ちょっと怖いですが、
私もあんなお父さんだったら、そうなっちゃうかもって思えるくらい、
お父さん役の島耕二監督が素敵です。


今回はじめて動いてしゃべる島さんを見られて嬉しかったです。
ちなみに、お若いときの写真がこちら
(左が俳優時代の島監督、右が長男の片山明彦さん)

島耕二、片山明彦

ん~、似てるっちゃあ似てるかも…
超ソックリな画像もあるんですが、
小さくて不鮮明なので、こちらにしました。


猫大好きな島監督作品を鑑賞するうえで楽しみなのが、「猫探し」。

いましたいました、お母さんの手紙の回想シーンにいます。
そのうち、島監督作品の猫特集をやりたいと思います。

島耕二・片山明彦トラックバック(0)  コメント(0) 

    2013

07.22

路傍の石

Gyaoにて、大好きな片山明彦さん主演の「路傍の石(1938年版)」が
28日まで無料配信中です。(その後は10月ごろまで有料配信するようです)

(ついでに「伊豆の踊子(美空ひばり版)」もGyaoで有料配信中。
このときの片山さんが一番素敵だと思う)


「路傍の石」は昨年ビデオ入手済みで、もう何回も繰り返し見てます。
なにしろ古い作品なので画質が悪いです。
ビデオと比べてみたら、Gyaoのほうが少し鮮明かも。

主演の片山さんが超カワイイので、ぜひご覧ください。
来月の夏休みになったら片山さん特集をする予定です。



【自分用メモ】
◆片山明彦出演「かくて神風は吹く」8月6日、30日 衛星劇場にて放送。
  (「素浪人罷通る」も7月に引き続き8月21日に放送)

◆島耕二監督・出演「麗春花」8月26~30日 
  日本映画専門チャンネルにて放送。


片山さんのお父様、島監督LOVEなので「麗春花」はとても見たかった作品。

島耕二・片山明彦トラックバック(0)  コメント(0) 

    2013

03.28

サイン

ずいぶん前ですが、井浦くんのサインが見たいとの
コメントがあったので載せます。(遅くなってすみません)

サイン

「青春のOne-way Ticket」のキャンペーンでいただいたものです。
一昨日、そのときのイベント会場を通りました。
つい最近のように思い出します。

受け取りながら握手していただきましたが、
間近で見る井浦くんは、写真やテレビで見るよりずっとずっとカッコ良かった。

恥ずかしがり屋だったので何も言えませんでした。
今だったら二言ぐらい話せるかな…。

井浦秀知(井浦秀智)トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

03.25

イソップおめでとう!

先日テレビの特番で「金八2」や「スクール・ウォーズ」の同窓会をやってまして、その中で、たびたびこのブログでもとりあげているイソップこと高野浩和さんの結婚披露宴を見ました。

前回見たときより太っていたのはきっと幸せ太りですね。
おめでとうございます。


「金八2」といえば、CSでも地上波でも現在再放送中。
私が一番最初に好きになったアイドルが、ひかる一平さんで、
久しぶりのテレビ出演は嬉しいです。
(レコードとかは買ったことはないので、
ファンと言っていいのか分かりませんが…)

あと女性アイドルで好きだったのが、伊藤つかささん。
小学生の頃、カンペンケースにつかさちゃんシール貼ってました。
ヌードになったときはめちゃめちゃショックだったなぁ。


「仙八」の再放送と同窓会特番もぜひやって欲しいです。

その他のアイドルトラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。